【夏目大一朗10】『映画版心霊調査ビッグサマー2』始動編(その2)

夏目大一朗と西川千尋



映画監督である夏目大一朗は、なにかあると必ずといっていいほど同業者である映画監督の寺内康太郎に頼る。
夏目は以前、寺内に対し、ビッグサマー公式プロデューサーの役職を本人の許可を取ることなく半ば強引に押し付けた。
それはひとえに夏目の寺内に対する信頼の証といえるかもしれない。

とはいえ、信頼関係のない人間から断りも無しに役職を与えられ、事あるごとにネタをされたら、どんな温厚な人であっても、最後は「はあ?」もしくは「はい?」の二文字で終わる。
ついでにツイッターをやっていたら、完全にブロックされるのがオチだ。
そうはなっていないのだから、寺内からしてみても、やんちゃな弟分みたいな夏目の存在が楽しかったり嬉しかったりするのだろう。

2018年11月8日。
心霊調査ビッグサマー:KT.ボーイ、急遽参加決定。ナツは説教されるのか!?ダイナミックにはご注意だぜ

いつものファミレスにて、夏目と寺内、そして女優である西川千尋が集まった。

夏目の目下の懸念事項は、自主映画である『映画版心霊調査ビッグサマー2』の資金集めについてだった。
寺内にとってみたら、11月17日と目前に迫った『境界カメラ』公式放送の準備時期であり、決して暇ではなかったはずだが、夏目を蔑ろにすることなく、親身に耳を傾ける。

結果として寺内が出したアイディアがひとり頭の上限を決めた出資の枠組みだった。

夏目に公開の場でヒアリングをすることで、映画を作り上げるのにいったいいくらかかるのかを聞き出し、金額を積み上げていく。
スタッフにはいくら、出演者にはいくら、と。
製作日数と人数に応じて弁当代もかかってくる。
場所代も車両費もそうだ。
まずはヒアリングベースで70万以上かかることがわかる。

ただこれでは映画の制作予算が大幅に超過している。
では、どこを削減していくか。
夏目は、真っ先に自分の取り分を削るよう、言った。
続いて優先順位の低いものから、それこそスタッフやキャストの人件費以外の色々なコストをカットしていく。
最終的に本当に必要な経費だけが残った。
無理のない出資金額を設定する。
ひとり頭で割ればちょうど22人。

では、この出資者22人を集めましょう。
出資申込には期限を決めましょう。
〆切りは『ビッグサマー』チャンネルの特番を行う11月20日まで(より明確にいうと特番は11月21日の朝方まで放送されるため、11月21日早朝まで)。
この日までに22人集まらなかったら、不成立にしましょう、と。
寺内はそう結論づけた。

かくして客で騒然とするファミレスにて、寺内は極めて冷静にクラウドファンディングとはまた違う、新たな出資制度の枠組みをつくりあげたのだった。

この配信終了後、多少の紆余曲折があったものの、寺内は動じることはなかった。
寺内は会員へのケアの意味も込めて、『ビッグサマー』チャンネルの動画アーカイブに『「映画版心霊調査ビッグサマー2」制作を応援くださっているみなさまへ』と題し、寺内が作製した出資検討者向けプレゼン資料をあげた。
出資者獲得に向けての動きを加速させていく。

『心霊調査ビッグサマー2』制作への道

『心霊調査ビッグサマー2』制作への道

一方で夏目は、寺内の提案した出資制度の成立に不安の色を隠せなかった。
その後のひとり配信では、出資者が予定より集まらない場合でも予算を今より低くしてでも中止にはさせたくない、と言っていた。

そして、資金集めが成立するかどうかの運命の日がやってくる。

2018年11月20日。
ついに心霊スポット凸!心霊探偵ナツ&チーwith KT.BOY(寺内監督) 最凶スポットでインスタ心霊写真撮影!(ヤノも来る)

夏目と西川のいつものコンビとともに寺内は、八王子あたりの心霊スポットに突撃する。
その行き帰りの車中のなかで、出資希望者の人数を発表する。
しかしその人数は、『ビッグサマー』会員で17人程度と予定人数の22人には足りないものだった。

もっとも17人という数字だが、正確なところは不明だが『ビッグサマー』チャンネル会員数が150人だと仮定すれば、単純に会員数の10パーセント以上が投資に応じたという話である。
割合で考えたら悪くないというよりも、よい数値であることは間違いないのだが、それでも当初、寺内が設定した数字には及ばない。

このまま出資不成立で終わってしまうのか……。
万事休すといった場面で光ったのが、ビッグサマー公式プロデューサー寺内の人間力と交渉力だ。
寺内は矢継ぎ早に出資してくれそうな業界人に連絡を取り、出資の確約を次々にとっていく。
しかも出資者のひとりとして、寺内自身も名を連ねたのだった。
出資を募るというシーンにおいても、エンターテイメントをぶち込んでくる寺内康太郎の手腕に、夏目や西川だけなく、画面で見守っている会員たちも驚いたのはいうまでもない。

こうして『映画版心霊調査ビッグサマー2』の出資は成立した。

カネの問題はとりあえず解決した。
年明けの撮影に向けて、準備を進めていくなか、夏目にあるアイディアが浮かんだ。
夏目はひとり配信をしていた『ビッグサマー』チャンネルで、会員リスナーに対し、こう宣言する。

リスナーにプロットを書いてもらい、それを映画化したい、と。

ドクロ伯爵

ニコニコ動画『ビッグサマー』チャンネル



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。